MENU

光脱毛でなぜ毛が抜けるのか?

光脱毛は、施術したその場で毛が抜けるのではなく1~2週間程度経つと自然に毛がパラパラと抜け落ちます。 どうして光脱毛で毛が抜けるのか、仕組みをご説明します。

光脱毛を施術する際には前日などにあらかじめ脱毛する部位の無駄毛を剃っておくように言われます。 何故なら光脱毛は、メラニン色素に反応する特殊な波長の光を照射して毛根を破壊するという方法で毛が抜けるからです。 むだ毛が残っていると毛は焼け焦げますから長い毛があると火傷などのリスクも考えられるからです。 毛根が大きなダメージを受けることで、徐々に破壊されて毛が抜け落ちるという感じです。

むだ毛や髪の毛などすべての体毛には毛周期というのがあり、成長期→後退期→休止期を繰り返しています。 成長期の髪の毛にしか光脱毛は効果が無いために、2~3カ月に1回の施術を繰り返すことで成長期のどの無駄毛にも光を照射していくことができるのです。

家庭用脱毛器を週1回ずつ使っているのにまだ太い毛が生えてくるというような口コミをする方もいます。 毛周期に合わせて2カ月に1回程度脱毛できるように全身を順番に脱毛していくと、効率がアップします。